びゃっこかにんじんはアトピーの治療に有効な漢方薬

ステロイドを日常的に使い続けていて、アトピーが落ち着いたのである時を境にステロイドの使用をやめると、肌に赤みやかゆみといったアトピー症状が再発してしまう事があります。

 

ステロイドを常用していると抗炎症作用を持つ成分を体内で作れる量が減ってしまうので、急に辞めたら炎症が起きてしまうというのがリバウンドする原因の一つです。

 

アトピーリバウンド

 

 

このアトピー症状がリバウンドしてしまった時に、“びゃっこかにんじん”という漢方が有効に働いたという論文報告があります。

 

ステロイドを日常的に使い続けてしまい、長期間の場合には治療として考えたい漢方薬の一つです。

 

 

びゃっこかにんじの効果はアトピーに有効であると報告ではありますが、漢方単体で根治を目指すのではなく、
保冷剤で痒み対策
肌を清潔を保つ

 

といった、一般的なアトピー対策も併用することで効果が得やすいです。

 

 

アトピーの痒みで眠れない人にオススメ

 

びゃっこかにんじんの作用を見てみると、体の熱をさまし、痒みを鎮めてくれる効果があるといわれています。

 

のどの渇きをいやす働きも持っているので、抗ヒスタミン剤を使った時の喉の渇きで、不必要な水分補給の必要もなくなってってきます。

 

 

びゃっこかにんじんは、喉の渇きや痒みで寝れない日が多い人には合う漢方です。

 

びゃっこかにんじんアトピー

 

 

しかし、びゃっこかにんじんの効果がアトピーに向いているからと言って、すべての人に効き目を十分に果たしてくれるものではないです。

 

漢方は体質に合わせて処方される薬なので、自己判断で使用した漢方のほとんどは服用を続けても効果を感じることは多くありません。

 

 

勝手に使用してしまって症状が悪化してしまわないように、使用する場合は医師や漢方の専門家に相談して判断することが大切です。

 

 

びゃっこかにんじんの副作用について

 

漢方は副作用がないと言われるのは、西洋の薬と比べて副作用が少ないという意味だけで、漢方薬にも副作用があるんです。

 

びゃっこかにんじんの副作用は

胃の不快感やもたれ感

食欲不振

吐き気

 

などがあり、危険な副作用も持っています。

 

びゃっこかにんじん副作用

 

 

特に危険なのは、使用後に現れる脱力感と筋肉痛です。

 

こういった症状が出たなと思ったらすぐに使用を中止してください。

 

 

びゃっこかにんじんを使う時に気をつけなければいけないのが薬との併用です。

 

飲み合わせ次第では、成分が合わなくて副作用を起こしてしまったり、過剰摂取となってしまうという事にもつながります。

 

 

繰り返しになりますが、使用する前に病院で相談をしたり、受診の時には漢方薬を使いたいと伝え相談する事が必要です。

 

 

>> アトピーに効くお茶!どくだみ、びわごぼう【体質改善】に良いのは TOPへ