アトピーに悪い食べ物一覧

アトピーに悪い食べ物は添加物全般です。

 

その他に、揚げ物、サラダ油、マーガリン、ファーストフード、肉魚卵乳製品でできた食べ物が挙げられます。

 

 

添加物が入った食べ物を体内に入れると、消化に余計なエネルギーを使うので、身体のバランスが崩れている状態に食べると影響が出やすくなってしまいます。

 

アトピーに悪い食べ物

 

 

特に避けた方が良いのは、揚げ物!トンカツなどは速攻で肌に出てきてしまいやすい食べ物の一つです。

 

 

健康な人でも、焼肉や揚げ物をたくさん食べると胃もたれするように、消化にエネルギーをかなり使うので良くないのです。

 

ジュースやお菓子も糖質を摂取しすぎで影響が出やすいので避けるのが無難です。

 

 

アトピーが心配なら、食べ物は出来るだけオーガニックでできた物を食べるのがオススメ。

 

豆乳で出来たケーキもあるので、甘いものが食べたい時は手作りや糖質を抑えたヘルシーなものにするのが良いでしょう。

 

 

≪アトピーに悪い食べ物一覧≫

アイスクリーム あさり アルコール
えび かに カレー
キムチ ケーキ コーヒー
サラダ油 チョコレート ドライフルーツ
ナッツ類 ひき肉 ファーストフード
ホットケーキ ポテトチップス マーガリン
マヨネーズ ラーメン レトルト
菓子パン 牛肉 牛乳
魚の干物 鶏肉 刺身
焼きそば 天ぷら 唐辛子
揚げ物 養殖魚

 

 

健康に良いとされる食べ物もアトピーを悪化させてしまう場合がある

 

健康な身体であっても、アレルギー体質になることがあるんです。

 

特定の食べ物を食べ続けた結果、IgE抗体が増えてアレルギー反応が起こりやすい状態になっているからです。

 

 

それは健康に良いとされている米・小麦・胚芽・納豆・ヨーグルトなども同じようにアレルギー反応が起きてしまう可能性があります。

 

アトピーに良くない食べ物

 

 

アトピーの場合は、身体がアレルギーを起こしやすい体質になっているので、健康に良いからと言って食べ続けるとアトピーが悪化してしまう場合もあるんです。

 

 

また、本来は悪くないはずの食べ物でも、酸化が進む(賞味期限が切れたり)と悪影響が出てくることが多いので注意して下さい。

 

特定の物だけを食べ続けるのではなく、アトピーに良い栄養を持っている食べ物をバランスよく摂取するのが大切です。

 

 

和食はバランスよく栄養素が取れるのでお勧めの食べ方の一つです。

 

 

≪アトピーに良い食べ物一覧≫

あまに油 アロエ えごま油
オリゴ糖 オレンジ くるみ
ごぼう サケ しそ
たまねぎ にしん にら
にんじん ハマチ ピーマン
ヒジキ ぶどう ブリ
ほうれん草 マグロ ヨーグルト
りんご ルイボスティー レバー
牡蠣 海藻
玄米 小麦 青魚
青汁 漬物 甜茶

 

 

病院のアレルギー検査でもアトピーに悪い食べ物は分からない?

 

例え病院のアレルギー検査で陰性だった場合でもアレルギー反応が出てしまう事があります。

 

人によっては陽性でもアレルギー症状が出ないという場合もあります。

 

アレルギー検査

 

 

その理由の1つが、病院の検査結果によって問題がなかったとしても、普段の生活によって体質が変化してしまうからです。

 

食べ物を食べていくうちにアレルゲンが限度を超えてしまい、以前は陰性でも再度検査する陽性と変わる場合もあります。

 

 

アトピーが陰性であれば、アレルギー反応は確実に起きないとは言えません。

 

そのまま食べ続けるとアレルギー症状がひどくなるので、症状が出た場合は食べないようにすることが大事です。

 

 

病院の検査も100%ではないので、結果が陰性の食べ物でもアレルギー反応が出ないかどうか、量を少しづつにして様子を見て食べるのという方法で、負荷がかからない食べ方を試していくのが一番確実です。

 

 

>> アトピーに効くお茶!どくだみ、びわごぼう【体質改善】に良いのは TOPへ